腰痛 

腰痛の改善に必要不可欠なものとは??

更新日:

腰痛の改善に必要不可欠なものとは

体を支えて安定させているのは「筋肉」ではなく「骨格」であり筋肉で体を無理やり安定させようとすると腰痛に繋がる事が多いと前回お話ししました。

「骨格で体を支える」ために重要なことは「軸」が体にできているか否かです。

軸がしっかりしている体は柔軟性に富み、さらに安定性も高い状態のため最小限の筋力で動く事が可能になります。

そのため腰痛が生じにくい体になっていきます。

今回はこの「軸」に関して詳しくお話ししていきたいと思います。

骨格を安定させるために重要なことは

体を安定させるために重要なポイントは「軸」です。

軸とは骨格を動かすための5つの基点を結んだ概念上の直線の事です。

ここでの基点とは

・首の付け根

・みぞおち

・両股関節

・両膝

・土踏まず

以上の5つを指します。この5つの基点のうち3つ以上が重力線上に垂直に揃えば、頭部・胸郭・骨盤・大腿・膝下が個々に動いても体の安定性は保たれます。

人間が様々な動きをしながらも常に体の安定と連動性が両立できるのはこの軸が存在するからです。

日常生活の大半の時間、体は動いているので5つの基点をそろえていられることは、まずありません。

ですが、5つのうち3つのポイントがまっすぐに揃えられると軸が形成できます。

この3つのポイントが体の使い方のタイプによって異なります。

5ポイント

・首の付け根

・みぞおち

・両股関節

・両膝

・土踏まず

このポイントのうちA タイプの方は

・みぞおち

・両膝

・土踏まず

Bタイプの方は

・首の付け根

・両股関節

・土踏まず

この3ポイントを無意識のうち作って骨格を安定させています。

動きの中で軸を作れると、柔軟性が出るのでパフォーマンスが向上します。また、主に骨格を使って最小限の筋力で動けるので体へのストレスも最小限に抑えられるのです。

腰痛をお持ちの方はこの3ポイントの意識がずれてしまい、自分に合ってない軸で動きをしてしまっているケースが多くあります。

「良い姿勢の真似をする」「まっすぐが一番よい」このような誤解から体に無理な力が入り軸を崩してしまっているのです。

あなたに合った体の軸で運動することができれば腰痛は必ず改善していきます。

この記事を参考にして

1.自分に合ったタイプを判別する

2.タイプにあった3ポイントを意識して立ってみる

3.3ポイントを意識して体重を左右どちらかに寄せて、体を上下に脱力しながら揺すってみる

4.その位置で止まって足の裏で体重を感じる

このワークを行うだけでも自分の軸がはっきりして、普段の姿勢から力みがなくなってきますのでぜひお試しください♫

-腰痛 

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.