膝痛

膝痛は筋トレでは治らない!?最新セルフケア

更新日:

膝痛を予防・軽減するために太ももの筋肉を鍛えている人はいませんか?

それで痛みはとれたでしょうか??

そんな膝の痛みでお悩みの方は必見です。

前回の記事では、「膝痛は太ももの筋力が落ちて起きるのではなく、太もも筋肉を使いすぎることによって起きる」とお伝えしました。詳しくはこちら→膝痛は筋トレで良くならない

今回はあなたの膝の状態をチェックしてする方法をお伝えします。

膝ストレスが少ない姿勢とは?

前回の記事でも書きましたが、膝痛を軽減・予防するためには「膝周りの筋肉が必要最小限に活動していること」が最重要です。

いかに筋肉を頑張らせないかが重要です。

そのためには人間の構造を最大限利用する必要があります。

人間の体の中で硬くて丈夫で支えられるもの何か?

そう、骨です。

膝の痛くない方でもこの骨を上手く意識して立ってている人はほとんどいません。

骨を利用することで筋肉は最小限の出力で済み、使いすぎで出ていた痛みを予防・軽減できるようになるのです。

骨で立つことなんてできるのか

あなたが今どのような状態で立っていて、どのように膝に負担がかかっているかを簡単にチェックする方法があります。

まずは何も考えずにその場に立ってください

「足の裏のとこに一番体重が乗っていますか?」

こんなこと普段から意識している人はほとんどいません。

つま先ですか?

踵ですか?

一番体にストレスなく体重を受け止められる場所は

「ウナ」

と言われる場所です。

足首の両方のくるぶしを結んだ線の下がウナになります。

ウナで体重が受け止めることで、骨で体を支えることができるため無駄な筋力を必要としません。

そのため、身体へのストレスが減り様々な痛みの症状は軽減するのです。

実際の臨床の場でよく見るタイプは、

「つま先に重心がよっている」

このタイプの方が膝痛や腰痛を併発している印象にあります。

つま先に体重が移動することになって体が前に倒れないように

・ふくらはぎ

・太もも

・腰

・首

などが常に働いていないとバランスを崩してしまいます。

その結果膝や腰などに痛み・コリとして体に SOS 信号を出しているんです。

また、体重が踵よりによっている人も要注意です。

体重が過度に踵寄りになると骨盤が後ろに傾き股関節が開き「O脚」の原因となるのです。

是非あなたもチェックしてみてください♫

 

-膝痛

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.