タンパク質 ダイエット

糖質制限ダイエットで認知症(アルツハイマー病)のリスクが下がる!?

更新日:

糖質制限ダイエットで認知症(アルツハイマー病)のリスクが下がる!?

認知症を引き起こす疾患の一つが「アルツハイマー病」です。

そして、過剰な糖質摂取はアルツハイマー病による認知症のリスクを高めます。

糖質の過剰摂取とアルツハイマー病には次のような関係があると考えられます。

糖質の過剰摂取とアルツハイマー病との関係についてい

アルツハイマー病は脳内に「アミロイドβ」という悪玉のタンパク質が蓄積して正常な神経細胞の活動を妨げて認知症を招きます。

この、悪玉のアミロイドβを分解するのは「インスリン分解酵素(IDE)」です。

あらゆるホルモンは役目を終えると分解されて無力化しますがインスリン分解酵素は副業として脳内でアミロイドβを分解する働きがあります。

しかし、糖質過剰で高インスリン血症になると、脳内のインスリン濃度が高くなります。

それを分解するのに忙しくなると、インスリン分解酵素によるアミロイドβの分解が滞るようになります。

それがアミロイドβの病的な蓄積を引き起こしてしまい、アルツハイマー病の引き金を引くのです!!

さらに酸化ストレスの増大や、高血糖で生じたAGEなどもアルツハイマー病の発症との関わりが疑われます。

糖質過剰摂取とアルツハイマー病との関係についての研究結果

九州大学が福岡県久山町で行なっている有名な「久山町研究」には、1985年時点で認知症がなかった65歳以上の住民826人を15年にわたって追跡調査したものがあります。

この調査で、糖尿病とその予備軍であるグループは、そうでないグループと比べてアルツハイマー病を発症するリスクが4.6倍も高いことがわかりました。

初期の糖尿病とその予備軍では食後血糖に続いて高インスリン血症が起こりますから、それがアルツハイマー病を加速させたものと思われまs。

海外にも同様の報告があります。

1999年に公表されたオランダを代表する著名な「ロッテルダム研究」では、高齢の糖尿病患者がアルツハイマー病で認知症になる確率は、そうでない人の1.9倍に達するとしています。

さらに、インスリン治療を受けている糖尿病の患者さんでは、アルツハイマー病による認知症の発症リスクが4.3倍も高かったのです。

将来の認知症を防ぐためにも、アルツハイマー病を招く恐れがある食後血糖と高インスリン血症を起こさないように糖質制限を続けることをお勧めします!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のブログはいかがでしたか?少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zenyodo.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」

住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

 

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
友だち追加

 

【Youtubeチャンネル登録はこちら♫】→https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

 

【インスタグラムはこちら♫】→https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

 

【アメブロはこちらから♫】→https://profile.ameba.jp/ameba/zenyodo-seikotsuin

 

【ツイッターはこちらから♫】→https://twitter.com/@zenyodotwitte10

 

#郡山市 #福島県 #須賀川市 #整骨院 #整体院 #ダイエット #美容鍼灸 #美容鍼 #美容 #腰痛 #ぎっくり腰 #ゆがみ #姿勢 #矯正 #糖質制限 #膝痛 #肩こり #神経痛 #脱臼 #骨折

 

-タンパク質, ダイエット

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.