タンパク質 ダイエット

【痩せたい女性必見!】筋トレによるダイエット効果について

更新日:

筋トレとダイエットは一緒にやる事で効率よくダイエットを成功させることができます。

多くの女性の方からも注目されている「筋トレ」!!

 

お腹周りやお尻、太もものお肉、、、

 

これをスッキリさせることが可能なのが筋トレです!!!

 

今回は

筋トレをする事で女性に嬉しいこと

筋トレ痩せるには

筋トレ中に良い食事

 

などをご紹介していきたいと思います。

 

 

筋トレをすることにより女性が嬉しいこと

筋トレをしていない方からすると慣れないうちはキツいイメージが強いと思います。

しかし、継続することで女性にとって様々なメリットがあります。

最初は筋トレを継続することによりどんなメリットがあるかをご紹介したいと思います。

 

筋肉を作ることで代謝量がアップする!!

女性が男性に比べて体に脂肪がつきやすい原因としては、筋肉量が男性に比べて少ないということが大きき影響しています。

 

筋肉量が大きなることでまず大きく変わるのが、ダイエットで重要になってくる基礎代謝になります。

基礎代謝とは、体を動かさずに呼吸をして過ごしているだけの時に消費されるエネルギーになります。

筋肉量が増えることで、基礎代謝量も比例して多くなり、呼吸をしているだけの時のエネルギー消費が大きくなります。

これにより、太りにくい体を手に入れることができます。

 

※筋肉は1kg増やすだけで基礎代謝が上がり、体重を2kg減らすことができます!!

 

美しい姿勢になることができる

現代社会では、デスクワークやスマホの普及により、運動不足になり筋肉量が低下している方が多くいます。

また、同じ姿勢やスマホを使用する際の姿勢が悪かったりなどが多くなってくると、腹筋や背筋などの体を支える筋肉が弱くなり猫背にもなってしまいます。

姿勢が悪くなってしまうと、体への不調が多くなり、悪化すると痛みも出てきてしまいます。

 

このようなことも、筋トレを行うことで体を支えることができ姿勢悪化や予防を行えます。

さらに体を支える筋肉がしっかりすることで美しい姿勢も手に入れることができます。

 

むくみ・冷えの改善につながる

 

筋トレを行うことで筋肉が動き、普段使わなかった筋肉を動かすことでむくみの改善になります。

また、筋肉量が多くなり基礎代謝も高くなります。これにより、冷えの改善も行うことができます。

 

ストレスの解消

筋トレを行うことで「セロトニン」別名【幸せホルモン】と呼ばれるホルモンが分泌されます。

このセロトニンは、自律神経の乱れを整えてくることで、緊張を緩め、気分をリフレッシュすることができる効果があります。

また、程よい疲労により睡眠の質を良くすることができ。スムーズに深い睡眠につくことができます。

 

これにより、体調不良になりにくくストレスのかかりにくい生活をすることができます。

 

 

筋トレですぐに筋肉がつくものなの??

筋トレを始めたけど、全然実感できない、、、

なんて事はありませんか?

 

筋トレをするにあたって、どのくらいで筋肉がついてくるかご説明したいと思います。

 

筋肉をつけると言う事は筋量を増やすということですので、最低でも3ヶ月は続ける必要があります。

少し筋肉がついてきてかな?と思うのは2週間ほどで実感することができます。

少しでも時間ができるような頻度で行いモチベーションを下げないようにやりましょう。

 

ただし、停滞期などになってしまうと運動量を増やしてしまうことがありますが、体を痛めてしまう可能性がありますので正しい方法で行うことが必要です。

 

有酸素運動も一緒に行い効率よくダイエットを成功させよう

筋トレ中に有酸素運動を行うことで効率よく基礎代謝をあげることができます。

筋トレをやっているけどなかなか脂肪が落ちにくいなと思う方もいると思います。

そんな方は有酸素運動を行なってみてください!!

 

有酸素運動を一緒に行うことで脂肪を燃やすことが効率よく行うことができます。

また、筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。

このタイミングで有酸素運動を行うことで、さらに効率よく脂肪を燃やすことができます。

 

筋トレで痩せたいという方は、筋トレ後にウォーキングやストレッチを行なってみてください!

 

筋トレ中にオススメの食事のバランス・食材

筋肉は筋トレのみではついてきません。。

筋トレやダイエットは食事に気をつけてあげることが必要になってきます。

 

まず、重要になってくることが、筋肉を作っているタンパク質の量になります。

大体の目安としては、1日に(体重×1g)のタンパク質を摂取することをおすすめします。

例、(体重:60kgの人)→(タンパク質:60g)

この量は1回に摂取するのではなく、1日を通して食事の中で分けて摂取しましょう。

 

タンパク質が豊富な食材としては

卵、牛乳、大豆、鶏胸肉、豚肉(ロース)、牛肉(赤身)、鮭(サケ)、サバ、アジ

などはタンパク質は豊富になります。

 

また、筋肉のを作る上で重要になってくるのが必須アミノ酸が重要になります。

必須アミノ酸とはバリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸の総称です。

これは、筋肉の分解を抑えてくれる効果があり、エネルギーの源になります。

 

食材では

卵、牛乳、豚肉、大豆製品に多く含まれています。

 

このような事にも注意して食事をすることで筋トレの効率をあげることができます。

 

 

まとめ

筋トレは体重を減らすだけではなく、体がしまるので見た目もよくなります。

筋トレも有酸素運動も継続することで、効果が現れます。

なかなか痩せにくい、姿勢が悪い、体のむくみや冷えがあるなど悩んでる方は、最初は軽めでも良いので筋トレやってみてください!!

-タンパク質, ダイエット

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.