股関節

変形性股間節症の原因と分類

更新日:

年齢を重ねていくと膝関節や股関節に痛みが出てきます。

 

この二つの関節の原因の一つとしては変形性のものがあります。

 

その中でもここでは変形性股関節症についてご説明していきたいと思います。

 

まず、変形性股関節症とはどのようなものでしょうか?

 

 

変形性股関節症とは?

変形性股関節症とは股関節の軟骨成分がすり減ることで起こる疾患になります。

また、老化によるものが多く筋力の低下により、股関節を支えることが困難になるからです。

一旦、この症状が出てしまうと慢性化してしまい、少しずつ股関節の軟骨をすり減らしてしまい、痛みを伴います。

全国の患者様は2000万人から3000万人と言われており、40代の女性の方の半数が変形性股関節症になっています。

 

股関節は人体で最大の関節になります。

また、その構造の特徴から負担も大きくかかりやすく、片足で立つだけでも自分の体重の3〜4倍の重さがかかってしまいます。

早足や駆け足ではさらに10倍以上の負担がかかってしまいます。

さらに、床からの立ち上がり動作や床へ座る動作も負担は大きくかかりやすくなります。

 

このように、股関節とは常に負担をかけられやすく、変形のリスクが日常であります。

 

変形性股関節症のリスクファクター(危険因子)

リスクファクターとは、疾患に対して症状を起こしてしまう確率の高い動作や要素のことをいいます。

ここでは、変形性股関節症を引き起こしやすい要因をいくつかご紹介します。

 

骨粗しょう症

40代を過ぎてくることで、骨密度が減少してきます。

関節にある軟骨成分を同じで、減ってしまいます。

軟骨が減ることで、関節内でのクッション性が失ってしまい、炎症が出てしまい痛みを伴ってしまいます。

さらに、痛みを庇うことで歩行動作が正常ではなくなってしまい、股関節の機能が正常に機能しなくなってしまいます。

 

股関節の発育不全

これは小児期に股関節の発育が悪くなってしまう臼蓋形成不全というものになります。

成長の過程で股関節のおさまっている部分の形が不十分に形成されてしまい、股関節の軟骨をすり減らしてしまいます。

この症状は日本人に多くみられており、子供の頃に早期に見つけることで、早めの対処を行うことができ早期治療を行うことができます。

 

肥満

肥満体型も要因の一つになります。

最初にもお伝えしましたが、日常生活の中でも股関節には大きな負担になってしまいます。

このような状態の中、体重の増加でさらに股関節に大きな負担をかけてしまいます。

股関節の負担を減らすためにも、体重管理や食事管理、適度な運動が必要になってきます。

 

 

※また、重い物を持つ仕事の方も股関節に大きな負担になってしまいます。

 

変形性股関節症の分類

変形性股関節症には、進行度合いで4つの分類があります。

 

①前期股関節症

②初期股関節症

③進行期股関節症

④末期股関節症

 

この4段階になります。

 

①前期股関節症

この状態は、まだ関節軟骨は正常に保たれています。

症状としては、足のだるさや疲れやすいなどがあります。

 

②初期股関節

関節軟骨がすり減ってしまい、関節の隙間が狭くなっている状態になります。

また、関節の※骨の部分が白く見えます。

この状態の際は変形の進行を遅らせるために、筋力の強化などが必要になってきます。

※硬化→関節軟骨のようなものが硬くなってしまうこと。

 

③進行期股関節

関節軟骨の周囲ですり減った関節軟骨が変性してしまい、隙間が狭くなっているのがみて取れます。

ここでは、嚢胞(空洞)や骨棘(こつきょく)ができており、痛みが強くなります。

また、人工関節置換術を行う方が多くなります。

 

④末期股関節

関節軟骨が完全に無くなってしまい、すり減ってしまった部分が広範囲になり、関節の隙間が明らかに狭くなっている状態になります。

嚢胞や骨棘も大きくなり変形が進んでいます。

進行が進んでしまった場合、安静時にも痛みが出てきてしまい、日常生活にも支障がおきます。

治療法としては、主に人工関節置換術を行うことになります。

 

変形性股関節症の治療法(対処法)

変形性股関節症の治療法や対処法としては、まず、手術以外で進行を遅らせることが重要になってきます。

その中でも、保存療法、温熱療法、運動療法を行います。

 

保存療法

まず、保存療法についてですが、ここでは生活習慣の中で股関節への負担を減らせるようにしましょう。

このためには、生活を洋式にするように心がけます。

靴はかかとにクッション材となる中敷をを使用したり、トイレは今はほとんどの家が洋式トイレですが、かがみ込むような動作を避けるため洋式トイレを使用するなど、心がけることをオススメします。

また、食事管理などを行い、体重も標準体重を維持しましょう。

15分から20分以上歩くと痛みが出てしまう場合は筋肉の疲労があるため、生活の中でも避けるようにしましょう。

 

温熱療法

温熱療法とは体を温めることにより、関節周辺の筋肉の血流を改善し筋肉の硬さをとる治療法です。

自宅では、39度〜40度ほどのぬるま湯にゆっくりと入るようにしましょう。

また、温熱療法と運動療法を組み合わせて行うことで、関節の可動域を維持・改善を行うことができます。

 

運動療法

運動療法は「ストレッチ」や「筋力トレーニング」を行い、関節の可動域の改善や股関節周辺の筋肉の強化を行います。

 

ストレッチ

股関節に関係する筋肉である、大腿四頭筋や臀部(お尻)の筋肉をストレッチすると良いでしょう。

筋肉に緩みができることで、股関節の可動域が改善されます。

また、股関節の位置が正しい位置に強制されます。

 

筋力トレーニング

しっかりとストレッチを行なった後は、股関節周囲の筋肉によって股関節を支えられるようにトレーニングを行います。

太ももの筋肉やお尻の筋肉を鍛えることで、股関節を支えることができます。

しかし、運動療法に効果があると言って、過度に行うことは股関節での炎症を強めてしまい、症状の悪化を招いてしまいます。

適度な運動量を行うようにしましょう。

 

 

 

いかかでしたか??

今回のブログが少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zenyodo.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」

住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

 

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ja.png

 

Youtubeチャンネル登録はこちら♫】https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

 

【インスタグラムはこちら♫】https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

 

【アメブロはこちらから♫】https://profile.ameba.jp/ameba/zenyodo-seikotsuin

 

【ツイッターはこちらから♫】https://twitter.com/@zenyodotwitte10

 

-股関節

Copyright© 善用堂やまもと整骨院 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.