腰痛 

左側に痛みのくる腰痛の原因とは

更新日:

日常生活や仕事などで腰痛を感じることはありませんか?

腰痛になる原因は様々ですが、

今回は、左側に痛みがくる腰痛の原因についてご紹介致します。

腰痛の原因ついて

基本的に腰痛の85%は原因不明と言われています。

原因が明確な15%の腰痛は、

・圧迫骨折
・脊柱管狭窄症
・腰椎椎間板ヘルニア
・変形性腰椎症
・腰椎分離症、滑り症

などのレントゲンやMRIなどの画像検査で特定できるものになります。

それ以外の85%の腰痛は腰部疾患とは関係なく発生することが多いです。

 

左側だけが痛む腰痛の原因について

左側の腰だけが痛い場合に大きく分けて考えられる原因は、

①生活習慣(体の使い方)
②内臓疲労
③内臓疾患

この3つになります。

この中でも特に、①生活習慣(体の使い方)が多くの方に当てはまる原因で、次に②内臓疲労からも左側だけ痛い腰痛が起こります。

 

生活習慣が原因で起こる左側の腰痛について

左側だけ痛い腰痛は体の使い方に原因があって発生することがかなり多いです。

歩き方・立ち方・座り方・立位や座位での姿勢などの基本的な動作で痛みが発生している事がほとんどです。

また、体の使い方は腰痛に限らず、首〜肩の痛み、肘・手の痛み、股関節・膝の痛みなど、体全体に影響を及ぼします。

体の使い方が原因で発生する左側だけ痛い腰痛に繋がりやすい代表的な日常動作の例を紹介しています。

 

●長時間の車の運転


車の運転時はアクセル・ブレーキなどは、全て右足で操作を行うので、左側の腰に負担がかかりやすいです。

改善方法として、

①半身又は片手だけなど、偏った体勢での運転は避ける。

②ハンドルを強く握り過ぎたり、腕や肩に力を入れすぎないようにする。

③座席に深く座り、座席の位置や高さを、ミラーの角度をしっかりと調整する。

④長時間の運転の際はこまめに休憩する。

 

●バックを左側だけで持つ


ハンド・ショルダーバック等の片側で持つタイプのバックや買い物袋などの荷物は、持っている側に重心が傾くので、重心の傾いた側に加わる負担が増加します。

この状態で姿勢や歩き方が悪いと腰痛の原因となります。

ハンドバッグの場合は適度に持ち替えたり、ショルダーバッグの場合はできればリュックサックなどに変えられると負担が減ります。

 

●パソコン作業


パソコン作業時はほとんどの方が右手でマウスを触ると思います。

その時に、右手でマウスを使いやすいように無意識に体は左側に体重が移動します。

車の運転と同じで、左側の腰部に加わる負担が増大し、腰痛の原因となります。

パソコン作業の際の改善方法としては、

①椅子は置くまで深く腰掛け、足がしっかりと着く高さに調整する。

②デスクとの距離、ディスプレイの角度や高さを目線に合わせる。

③足を組まない。

④デスクに対して前のめりになりすぎない。

 

●勉強時の姿勢


パソコン作業と同じで、日本人は基本的には右利きが多いです。

右利きの場合、右手でペンを扱うと思います。

この時も体重は左側に移るので、勉強時の姿勢が悪いと腰の負担が増え腰痛の原因となります。

改善方法としては、パソコン作業と同じになります。

 

内臓疲労が原因で起こる左側の腰痛について

筋肉や関節だけではなく内臓疲労も腰痛の原因となります。

その中でも左側の腰痛の原因となりやすいものとしては、腎臓・心臓・胃などが上げられます。

この中でも腎臓や心臓などの臓器は天候や気圧などの外からの影響で疲れやすく、季節の移り変わりなどの腰痛の原因として多くみられます。

 

胃は普段の食生活の乱れや、外食や飲み会などで食べすぎることから腰痛の原因として多くみられます。

内臓疲労からくる腰痛への対策としては、規則正しい生活を意識することが大切です。

 

現代では仕事の影響で規則正しい生活が難しいという方も多いかと思います。

そのような場合での改善方法として、

①夜食から寝るまでにの時間が近い場合は、油ものや消化の悪い物は控える。

②体に合わないものや寝心地の悪い寝具は避け、睡眠の質を高める。

③寝る30〜60分前にTVやスマートフォンの使用をやめる。

④できるだけ決まったルーティンの生活を心がける。

⑤食事でバランスのいい栄養摂取が難しい場合はサプリメントで補う。

 

内臓疾患が原因の左側の腰痛について

腰痛の原因として内臓疾患が隠れていることもあります。

よくあるのはガンですが、ガンが隠れている腰痛の場合は非常に強い内臓反射により全身の筋肉に緊張がみられます。

 

まとめ

「姿勢の悪さが原因かな?」という方は多いですが、何が原因なのかわからず、そのまま放置していることが多いです。

痛みの改善に治療は大切ですが、良くなった後や現状より悪化させないためには体の使い方がとても重要になります。

 

いかかでしたか??

今回のブログが少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zenyodo.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」

住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

 

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ja.png

 

Youtubeチャンネル登録はこちら♫】https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

 

【インスタグラムはこちら♫】https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

 

【アメブロはこちらから♫】https://profile.ameba.jp/ameba/zenyodo-seikotsuin

 

【ツイッターはこちらから♫】https://twitter.com/@zenyodotwitte10

 

#郡山市 #福島県 #須賀川市 #整骨院 #整体院 #ダイエット #美容鍼灸 #美容鍼 #美容 #腰痛 #ぎっくり腰 #ゆがみ #姿勢 #矯正 #糖質制限 #膝痛 #肩こり #神経痛 #脱臼 #骨折 #美顔鍼

-腰痛 

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.