ダイエット

【糖質制限中も大丈夫!】ダイエット中でも砂糖の代わりに使える甘味料

更新日:

ダイエットをされている方は、糖質を控えて体重を減量されている方が多いと思います。

糖質を制限していく中で、甘いものが食べたくてどうしようもなくなり、ストレスが溜まってしまうなんてこともあるかと思います。

砂糖を摂ってたくさん摂ってしまうと、肥満や糖尿病、虫歯などの大きな原因です。

甘党の方は、なかなか甘いものはやめられないですよね。

砂糖以外の甘味料を使うことで対処ができます。

甘味料は砂糖よりも低カロリー、またはカロリーゼロのものもあり、ダイエットを助ける強い味方です。

健康に良い甘味料

甘味料といっても、たくさんの種類があり、「カロリーの有無」「甘みの強さ」「天然 or 人工」など、それぞれに特徴があります。

ダイエットや糖尿病予防を目的とする方が多いと思いますが、虫歯予防と便秘解消に良い甘味料も合わせて紹介します。

ダイエット目的

ダイエットで糖質をしたい人は、糖質系甘味料の糖アルコールか非糖質系甘味料を選びましょう。

糖アルコールは、カロリーがあっても消化吸収されにくいため、低カロリー素材として使われます。

非糖質系甘味料は、カロリーゼロか低カロリーのため、糖質を制限するのに最適な甘味料です。

エリスリトール

健康に良い効果

虫歯の原因となる酸を作らない。

糖代謝に影響を与えなかったり、血糖値を上昇させないので、糖尿病患者の方にも安心してお使いいただけます。

カロリー

カロリーはゼロです。

厚生労働省のエネルギー評価法によりエネルギー値が0kcal/gと認められている唯一の糖質です。

甘みの強さ

砂糖の75~80%ほどの甘みがあり、清涼感のあるすっきりとした後味。

原料

キノコや果物、発酵食品に含まれている糖質やブドウ糖を原料に、酵素を作用させて作られています。

 

ラカント

健康に良い効果

血糖値やインスリンの分泌に影響がありません。

それにより肥満の予防に、また糖尿病の方々の食事療法に適した天然系の甘味成分として効果があります。

カロリー

カロリーはほぼゼロです。

甘味成分であるテンペングルコシド配糖体は水溶性の食物繊維なので、腸で吸収されずに排出されてしまうため。

ただし、顆粒状のラカンカはショ糖など別の糖を加えて固めているものが多く、その場合はショ糖のカロリーが加わります。

甘みの強さ

果実は砂糖の300倍~400倍の甘みがありますが、甘味料としてのラカンカは、砂糖の50倍程度の甘みで、黒砂糖のような味になっています。

原料

中国原産のウリ科の植物である羅漢果(ラカンカ)の果実から抽出、精製して作られています。

 

キシリトール

健康に良い効果

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく二つに分けることができます。

一つは、キシリトールだけでなく他の糖アルコールも持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用です。

もう一つはキシリトールだけが持つ酸を作らないことと、歯垢中の酸の中和促進、ミュータンス菌の代謝の阻害です。

カロリー

砂糖と比べてカロリーが25%低くなっています。

甘みの強さ

砂糖と同じくらいの甘み、砂糖に似たまろやかな味で清涼感があります。

原料

シラカバやカシなどの樹木や野菜、果物に含まれている天然由来の成分から作られます。

 

オリゴ糖

健康に良い効果

オリゴ糖は消化酵素ではほとんど分解されず、消化・吸収されないまま大腸に届きます。

そのため、糖質として体のエネルギーになりにくく、摂取しても血糖値の上昇にほとんど影響しません。

カロリー

砂糖と比べて約半分のカロリーです。

甘みの強さ

砂糖の80%ほどの甘みがあり、砂糖に近いクセのない味。

原料

牛乳に含まれる乳糖とサトウキビに含まれるショ糖を原料に、酵素反応を利用して作られています。

 

虫歯予防にも

甘味料はダイエットだけでなく、虫歯の予防にも効果的です。

砂糖をはじめとした糖質系甘味料はむし歯の原因になるものが多いですが、その中でもオリゴ糖と、糖アルコールはむし歯の原因になりにくいといわれています。

糖アルコールであるキシリトールは虫歯予防の代用甘味料として使用されています。

なお、非糖質系甘味料もむし歯の原因になりません。

 

甘味料の種類

糖質系甘味料

カロリーのある甘味料で栄養甘味料とも呼ばれます。

砂糖のほかブドウ糖、果糖といったでんぷん由来の糖や、オリゴ糖、乳糖といった糖、人工的に作られたエリスリトールやキシリトールといった糖アルコールなどがあります。

砂糖

白砂糖、グラニュー糖、三温糖、きび砂糖、黒砂糖など

デンプン由来の糖

ブドウ糖、果糖、麦芽糖、水あめ、イソマルトオリゴ糖、トレハロースなど

糖アルコール

ソルビトール、エリスリトール、キシリトール、マルチトール、ラクチトールなど

その他の糖

フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、ラフィノース、ラクトスクロース、乳糖、はちみつ、メープルシロップなど

非糖質系甘味料

カロリーゼロまたは低カロリー甘味料で非栄養甘味料とも呼ばれます。

植物の葉や果物などに含まれる甘味成分を抽出した天然甘味料と化学合成によって作られた合成甘味料にわけられます。

天然甘味料

ステビア、甘草(グリチルリチン)、ラカンカなど

合成甘味料

アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウム、サッカリン、サッカリンナトリウムなど

 

人工甘味料とは?

人工甘味料には、自然にある成分を人工的に作り出した糖アルコールと、自然に存在しない成分を人工的につくりだした合成甘味料の2種類があります。

どちらも、血糖値を上げることなく、ほとんどが吸収されずに排出されるため、糖尿病や糖質制限をしている方でもとれる甘みとして、よく利用されます。

 

まとめ

砂糖の代わりに、代用甘味料を利用すれば、ダイエットや虫歯予防、便秘解消など健康度アップにつながります。

ただし、健康に良い甘味料でもとりすぎは注意が必要になります。

上手く甘味料と向き合いがら、美味しく楽しんでください。

 

いかかでしたか??

今回のブログが少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zenyodo.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」

住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

 

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ja.png

 

Youtubeチャンネル登録はこちら♫】https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

 

【インスタグラムはこちら♫】https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

-ダイエット

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.