肩の痛み 首痛

ストレートネックの原因を見つけ、痛みを改善しましょう

投稿日:

最近は、スマホやパソコンを使う作業が増えたり、テレビを長時間見ていたりすることはありませんか?

『最近、首や肩が凝ったり、痛いと感じることがある』

『スマホを見ているときに、うつむく姿勢が多い』

『長時間のデスクワークの後、首や肩こりがひどい』

などのことが当てはまると、知らないうちにストレートネックになっているかもしれません。

今回は、ストレートネックの原因を見つけ、首や肩の痛みを改善する方法についてご紹介いたします。

ストレートネックとは?

人間の頭は、頚椎と呼ばれる7つの首の骨によって支えられています。

人間の頭は重く、約4〜6キロほどあると言われています。

頚椎は、その重い頭を支えるために、本来は緩やかなカーブを描くような湾曲さを持っています。

ストレートネックになってしまうと、緩やかなカーブになっている頚椎が、首を前に出した姿勢を続けたり、日常生活のあることが原因となり、頚椎が真っ直ぐになってしまい、その結果、体にさまざまな不調をあたえてしまう恐れがあります。

他にも、『スマホ首』、『スマホネック』といった言葉がありますが、これらもストレートネックと同じ症状の1つです。

また、ストレートネックは男性よりも女性や子供に多いと言われています。

女性や子供は、関節が男性よりも柔らかく、その分、骨格に癖がつきやすいためとなります。

 

ストレートネックになる原因は?

ストレートネックになってしまう原因として考えられるものが4つあります。

①長時間のスマホ操作

ストレートネックは『スマホ首』とよばれるくらいで、スマホが大きく関わっているのがわかりますね。

スマホを操作するとき、顔より下にスマホがあるので、自然とうつむく姿勢になりがちです。

しかし、その姿勢は頭の重心を前にかけてしまうことになり、首に大きな負担をかけてしまいます。

うつむく角度によっては、頚椎にかかる負担が大きく変わってきます。

 

うつむく角度が0度で、頚椎にかかる負担が約4〜6キロ

うつむく角度が15度で、頚椎にかかる負担が約12キロ

うつむく角度が30度で、頚椎にかかる負担が約18キロ

うつむく角度が45度で、頚椎にかかる負担が約22キロ

うつむく角度が60度で、頚椎にかかる負担が約27キロ

 

うつむく角度が大ききなるほど、頚椎にかかる負担がものすごく重くなることがわかりますね。

中でも、姿勢の最も悪い60度になると、10キロのお米を約3袋分を首に乗せている状態と同じになります。

こうして、首に負担をかけることにより頚椎が本来の湾曲を失ってしまい、ストレートネック『スマホ首』になってしまうのです。

②長時間のデスクワーク(パソコン作業)

パソコン作業の時も、スマホと同様にモニター画面を覗きこむような前かがみの悪い姿勢になりやすいです。

長時間の使用することで、首に負担をかけるだけではなく、背骨や骨盤のゆがみの原因にもなる恐れがあります。

③同じ姿勢での読書

長時間のスマホ操作やパソコン作業と同じで、仰向けに寝ながらの読書は別ですが、イスに座ったりしてうつむいた状態のままで読書をすることによって、首に大きな負担をかけ、ストレートネック『スマホ首』になってしまうリスクが高くなってしまうのです。

④高すぎるマクラの使用

高すぎるマクラもストレートネックの原因になってしまいます。

睡眠中に、高すぎるマクラを使用していると頚椎が圧迫され、首や肩に負担をかけてしまったり、首や肩周りの筋肉が硬くなってしまいます。

その状態が長時間続いてしまうと、寝起きに首や肩に痛みが出てしまい、ストレートネックになってしまいます。

また、これらの原因はストレートネックになるだけではなく、猫背の原因にもなります。

 

ストレートネックによる悪影響

筋肉疲労による首、肩、背中の張り感や痛み

ストレートネックになってしまうと、体の約10%の頭部の重みが首まわりにそのままのしかかり、筋肉や神経に大きな負担をあたえてしまい、それによって、首を中心に肩や背中に痛みを生じてしまいます。

また、首まわりの筋肉に大きな負担をかけ続けてしまうため、痛み同様、筋肉の張り感がおきてきます。

首こり、肩こり

首まわりの筋肉が硬くなってしまうので、首や肩もこってしまいます。

ここで、注意して欲しいのが、ストレートネックが引き起こす首こりや肩こりをそのまま放置してはいけないということです。

普通の首こりや肩こりと違い、首まわりに大きな負担をかけているため、症状が悪化すると、軽く咳をするだけでも首に痛みを感じてしまう場合もあります。

頭痛、吐き気、めまい、イライラ、不眠などの症状

頚椎の上部に負担がかかると、緊張性の頭痛、めまい、吐き気などの症状がでやすくなります。

また、自律神経に支障をきたすため、イライラや不眠などの精神的な症状も引き起こします。

手や腕のシビレ

頚椎の下部に負担がかかると、手や腕のシビレなどの症状がでる可能性があります。

さらに悪化すると、頚椎と頚椎の間にある椎間板といつ背骨のクッションの役割をしている部分で、本来の位置より突き出てしまい、頚椎の椎間板ヘルニアになってしまう可能性もあります。

 

ストレートネックを治す改善方法

動画にて、ご紹介しておりますので、ぜひ、ご覧ください。

タオルを使ってストレートネックを改善

 

ストレートネックを治すオススメのマクラの作り方

 

 

まとめ

スマホやパソコンを日常的に使う方は、必ず首や肩に負担をかけているので、毎日のケアが大切になります。

ストレートネックでお悩みの方は、一度セルフケアを実践してみてください。

辛かった日常生活が変わるかもしれません。

 

 

いかかでしたか??

今回のブログが少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zenyodo.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」

住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

 

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ja.png

【Youtubeチャンネル登録はこちら♫】→https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

 

【インスタグラムはこちら♫】→https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

 

-肩の痛み, 首痛

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.