ダイエット

乳酸菌の効果・効能について

投稿日:

乳酸菌は「腸活」「ダイエット」「健康」などでも注目されていますよね。

また、乳酸菌を毎日摂ろうと意識している人も多いと思います。

でも、乳酸菌の効果や効能について詳しく知らない方は多いのではないでしょうか?

今回はこの【乳酸菌】の効果・効能についてご紹介していきます。

また、どのように摂取すればいいのかわからない方にもオススメ摂取法もご紹介します

最後までご覧ください。

 

乳酸菌の効果や効能について

乳酸菌とは、体に摂取された糖質を使って乳酸をつくる細菌のことをいいます。

また、腸内細菌のバランスを整え、ダイエットや健康にも役に立つ細菌になります。

 

乳酸菌の種類は多く、

腸内を酸性側に傾け腸内の腐敗を抑えたる。

腸の活動を活発にし便秘の予防や改善ができる。

最近では免疫機能の向上や、血中コレステロール値や中性脂肪を下げる働き

などの様々な働きがあります。

このようなことから、乳酸菌はプロバイオティクス腸内細菌のバランスを改善することによって健康によい影響を与える微生物)として注目を集めています。

また、乳酸菌で病気の予防や改善を行い、健康づくりに役立てようということを「腸活」と言います。

 

毎日、乳酸菌を摂取した方がいい?

乳酸菌は、毎日摂ることで効果を得られやすいです

また、摂ることを辞めてしまうと食事の習慣によっては、乳酸菌の効果が少しずつなくなってしまいます。

1〜2日摂取を止めたからといって効果がなくなってしまうわけではありません。

しかし、できるのであれば毎日摂ることをオススメしたいです。

 

また、量は人によって様々ですので、どのくらいと正確には答えられません。

毎日少量でもいいので継続するようにしましょう。

 

また、死んだ乳酸菌は、腸には残りません。

生きた乳酸菌は、腸内ですでにいふ腸内細菌による「腸内フローラ」があるため、腸に残って住み着くことは無いと言われています。

だからこそ、乳酸菌をる毎日摂取すると良いと言われています。

乳酸菌は、腸内をゆっくり通り乳酸を作ります。

また、腸内を酸性にし善玉菌が増えやすい環境を作ります。

 

 

 

乳酸菌のオススメ摂取法

乳酸菌には「生菌」と「死菌」の2種類があります。

 

「生菌」とは名前の通り生きた乳酸菌でです。

生きた菌では自分に合う乳酸菌を摂ることが大切です。

腸活をすることで腸内環境が変わって行くため、1つの腸内細菌にこだわらず、様々な乳酸菌を摂るようにしましょう。

 

また、生きた乳酸菌(生菌)を摂取したい時は乳酸菌の入っている食材を加熱しないようにしてください

加熱をすることで菌自体が死んでしまいます。

さらに、乳酸菌の入っている食材は日持ちしません。ですので、なるべく早く食べるようにして生きた乳酸菌を摂るようにしましょう。

※菌の種類によっては虫歯を促すものもある為、寝る前などに摂取することは控えてください。

 

 

死菌」とは、こちらも名前の通り死んでしまった乳酸菌です。

生きた乳酸菌には腸内を整える効果がありますが、死んだ乳酸菌には免疫機能を高める効果があります。

この効果は、近年注目されている効果です。

 

また、死んだ菌(死菌)は加熱しても問題はありません

保存期間中も菌の効果はほとんど低下しませんので、いつどんな時に摂っていただいても大丈夫です。

 

 

このように、乳酸菌にも種類があり効果も違います。

ですので、様々な食材を摂り自分に合った乳酸菌を探すことが重要になってきます。

 

また、自分に合う乳酸菌を見つけたとしても、さまざまな菌を摂取することで腸内環境が変化してしまいます。

そうなると、今まで自分に合っていた菌が合わなくなってしまい、違う菌が合うようになるのかもしれません。

そのため、1つの菌にこだわりすぎないようにしてください

積極的にいろいろな乳酸菌を摂り腸内環境の変化に合わせて食事をするようにしましょう

 

死んだ菌の場合も、菌によってちょっとずつ効果やメカニズムが違います。

 

 

乳酸菌の多い食材

 

では最後に、乳酸菌を多く含んでいる食材をご紹介したいと思います。

 

①ヨーグルト

まず、乳酸菌と聞いて1番最初に浮かぶ食材かと思います。

ヨーグルトの発酵には乳酸菌が使われます。

 

また、ヨーグルトの独特の酸味は乳酸菌が糖質を分解してできた乳酸の酸味になります。

 

さらに、ヨーグルトは乳酸菌を生きた状態で腸に届けてくれる食材になります

 

どこにでも売っているので、手軽に乳酸菌を摂取できる食材の1つですね。

 

②チーズ

ヨーグルトと同様に発酵に乳酸菌が使われています。

チーズには大きく分けて

「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」

に分けられます。

 

ナチュラルチーズ」は牛乳を乳酸菌や酵素を使い固め、水分を取り除き、熟成させたものをいいます。

このナチュラルチーズは全世界に1000種類以上もあり、食感や味、見た目などさまざまなものがあります。

また、ナチュラルチーズの乳酸菌は生きた「生菌」になります

 

逆に、「プロセスチーズ」はナチュラルチーズを溶かしてから添加物を加え固めたものになります。

熱処理がされているためプロセスチーズの乳酸菌は「死菌」になります

 

③キムチ

発酵食品であるキムチには乳酸菌が多く含まれ、加熱などがされていないものは保存期間中も乳酸菌が増えています。

ですので、保存期間が長いとキムチの酸味が強くなってしまいます。

 

注意としては、料理のために加熱をしてしまうと「生菌」がほとんど死んでしまいます。

もし、生菌を摂りたい場合は加熱しないで食べるようにしましょう。

 

④漬物

キムチと似ていますが、漬物も乳酸菌が多く含まれています。

代表例としては「たくあん」「ぬか漬け」「しば漬け」などが挙げられます。

 

漬物などの乳酸菌は「植物由来乳酸菌」と呼ばれ、乳製品などの「動物由来乳酸菌」よりも生命力が強いです。

植物由来乳酸菌は乳酸菌の餌である糖が少ない環境であったり、塩分濃度や酸度が高い環境で生きている為、動物由来乳酸菌と比べて生命力が強くなっています。

 

④日本酒

意外かもしれませんが「日本酒」にも多く乳酸菌が含まれています。

日本酒を作る際に必要な酵母」に多くの乳酸菌が含まれています。

 

乳酸菌は、生み出す乳酸によって日本酒を作る際のお米の雑菌を死滅させ、腐ることを防いでくれます。

 

しかし、日本酒を作る過程の中で「火入れ」という工程があります。

加熱処理がされるため、乳酸菌は死んでしまい「死菌」となってしまいます。

 

 

このように、乳酸菌の多く含まれる食材は身近にたくさんあります。

皆さんも、乳酸菌を摂りダイエットや健康に役立てましょう。

 

 

いかかでしたか??

今回のブログが少しでもお役に立てたのなら

善用堂やまもと整骨院のHPをご覧くださいね♫

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zenyodo.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

郡山市 整骨院/整体院 「善用堂やまもと整骨院」

住所:福島県郡山市安積町日出山字神明下41−1 ジュネスビクトリア1F

電話番号:024-973-5333

 

【善用堂やまもと整骨院LINE】健康情報を随時配信中♫ご予約もこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ja.png

【Youtubeチャンネル登録はこちら♫】→https://www.youtube.com/channel/UClDZ1aBkBH24on2h9rGZD_g?view_as=subscriber

 

【インスタグラムはこちら♫】→https://instagram.com/yamamoto.tadaomi

-ダイエット

Copyright© 善用堂やまもと整体院 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.